2010/5/7 金曜日

【NAS】CentOS4.8にTeraStationをマウント

カテゴリー: NAS — hirotake takaoka @ 21:33:05

先日HDDを換装して4TB(RAID5なので実質2.7TB)になったTerastation。
今度はコレをLinuxにマウントして…、と思っていたら全然上手く行かない(苦笑
仕方ないのでsamba関係を一式綺麗にし直したら素直につながりました。
コマンドは例によってsamba関係全部ってヤツですね。
yum install -y samba*

んで、マウント用ディレクトリを作成してTeraStationをマウント。
mount -t cifs -o username=ユーザー名,password=パスワード,codepage=cp932,iocharaset=utf8 //TeraStationのIP/共有フォルダ名 /mnt/nas

コレでWindowsから見てもSSHで見ても文字化けせずに扱えるようになりました。
やっと自宅と外部から接続出来ます。
無論、鍵認証にしないとダメですよ?(笑
 
 
 
 
 
もう無理、頭痛いので寝ます。
 
 
追記
頭痛くて忘れてたが、/etc/fstabにも書くのを忘れないであげてください。
うちの環境だこんな感じ。
//TeraStationのIP/共有フォルダ名 /mnt/nas smbfs rw,username=ユーザー名,password=パスワード,codepage=cp932,iocharaset=utf8 0 0
 
 
 
更に追記
fstabの記述間違えた。
smbfsじゃなくてcifsでした、ホントダメだ寝よう。
//TeraStationのIP/共有フォルダ名 /mnt/nas cifs rw,username=ユーザー名,password=パスワード,codepage=cp932,iocharaset=utf8 0 0

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

You must be logged in to post a comment.

HTML convert time: 0.215 sec. Powered by WordPress ME