2009/11/24 火曜日

【Windows7】VirtualBox@CentOS5.4インスト【64bit】

カテゴリー: CentOS, VirtualBox — hirotake takaoka @ 20:48:03

やることが多すぎるので要点メモだけ。
 
 
 
■CentOS5.4インスト設定
linux2.6でメモリ512とHDD10GBを用意。
このサイトを参考にしてインストールしよう。
ただし、これはVirtualBoxにゲストOSとして入れる物なので、全てこのままとは行かない。
 
 
■CentOS5.4インスト
DHCP(IPv6は無効)でインスコしたら、いったんVirtualBoxに戻って設定変更。
・ネット
ホストOSとの通信と外部ネットワークとの通信を両立させるために、
アダプタ2が必要になります。
 
アダプタ1はそのまま使います。
アダプタ2をホストオンリーアダプタで追加、固定IPにする情報はこんな感じ。
# Advanced Micro Devices [AMD] 79c970 [PCnet32 LANCE]
DEVICE=eth1
BOOTPROTO=static
ONBOOT=yes
HWADDR=08:00:27:c8:63:95
IPADDR=192.168.56.102
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=192.168.56.0
BROADCAST=192.168.56.255
 
 
■いろいろ追加
基本的にroot権限での作業になります。
 
・yumする。
# yum -y install yum-fastestmirror
# yum -y update
# yum -y install gcc make kernel kernel-devel gcc-c++ zlib-devel httpd-devel zlib-devel
GCCなどが後々必要になるので入れておきます。
念のため再起動。
 
 
・Guest Additionsのインスコ
[ デバイス ]->[ Guest Additions のインストール ]
# mkdir /mnt/cdrom
# mount -r /dev/cdrom /mnt/cdrom
# sh ./VBoxLinuxAdditions-x86.run all
念のため再起動。
 
 
・共有フォルダ作成。
[デバイス]->[共有フォルダ]
右側の追加アイコンから場所などを指定して、永続化にチェックを入れる。
# mkdir /root/share
# mount -t vboxsf share /root/share
 
起動時に自動マウントしてほしいので追記する。
# vi /etc/rc.local
# mount -t vboxsf share /root/share
 
 
■サーバ構築
このサイトを参考に。
192.168.1.系は192.168.56.と読み替える。
いくつか進めた後で気になったところをメモします。
 
【phpMyAdmin使いたい】
・phpMyadminが動かないのでPHP5.2.6のインストール
RPM-GPG-KEY取得
# rpm –import http://www.jasonlitka.com/media/RPM-GPG-KEY-jlitka
 
・リポジトリ参照設定ファイル作成
# vi /etc/yum.repos.d/utterramblings.repo
[utterramblings]
name=Jason’s Utter Ramblings Repo
baseurl=http://www.jasonlitka.com/media/EL$releasever/$basearch/
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=http://www.jasonlitka.com/media/RPM-GPG-KEY-jlitka
priority=0
 
・PHPをアップデート
# yum -y update php
 
・追加したリポジトリを参照しないように設定
# vi /etc/yum.repos.d/utterramblings.repo
enabled=0
 
# /etc/rc.d/init.d/httpd restart
 
・php-mcryptのインストール
# vi /etc/yum.repos.d/utterramblings.repo
enabled=1 ← 0から1に変更
 
# yum install php-mcrypt
# vi /etc/yum.repos.d/utterramblings.repo
enabled=0 ← また0に戻す
 
# /etc/rc.d/init.d/httpd restart
 
 
【Webmin使いたい】
Webminに必要な、Perlのパッケージをインストール。
# yum -y install perl-Net-SSLeay
# yum -y –enablerepo=rpmforge install perl-Authen-PAM
 
Webminの公式サイトにアクセスし、必要なファイルを取得する。
# rpm –import http://www.webmin.com/jcameron-key.asc
# wget http://nchc.dl.sourceforge.net/sourceforge/webadmin/webmin-1.410-1.noarch.rpm
# rpm -Uvh webmin-1.410-1.noarch.rpm
 
・Webminの設定
# vi /etc/webmin/miniserv.conf
allow=127.0.0.1 192.168.56.0/24
 
# service webmin restart
 
 
【postfixやpostgrey等は自動アップデートしないでほしい。】
# sed -i ‘/postfix/d’ /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list
# rpm -q postfix >> /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list
 
# sed -i ‘/postgrey/d’ /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list
# rpm -q postgrey >> /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list
 
# sed -i ‘/courier-authlib/d’ /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list
# rpm -q courier-authlib>> /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list
# sed -i ‘/courier-authlib-devel/d’ /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list
# rpm -q courier-authlib-devel>> /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list
 
# sed -i ‘/dovecot/d’ /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list
# rpm -q dovecot>> /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list
 
# sed -i ‘/maildrop/d’ /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list
# rpm -q maildrop>> /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list
 
# sed -i ‘/maildrop-man/d’ /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list
# rpm -q maildrop-man>> /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list
 
 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

You must be logged in to post a comment.

HTML convert time: 0.060 sec. Powered by WordPress ME