2011/4/19 火曜日

【WordPress】本ブログを一度破棄します

カテゴリー: どうでもいいこと — ryou @ 1:24:19

今月末に本ブログを一度破棄します。
もし過去の記事が欲しい方は適当なツールで拾っておいてください。

どうやら色々と問題あってアップデートができない模様。
そんな危なっかしい物使うくらいなら一度綺麗に消して、
最新の状態でやっていこうと思います。

2011/4/17 日曜日

【WordPress】アップデートしたいんだが

カテゴリー: どうでもいいこと — ryou @ 19:26:06

エラー出てアップデート出来ねぇし(笑
仕方ないから調べるか。
記事消えるけど、いっそ全部消して最初っからつくり直すか。

2010/7/23 金曜日

【VirtualBox】フリーで最低限のセキュリティ【セキュリティ】

カテゴリー: VirtualBox, ツール — hirotake takaoka @ 15:21:47

皆さんお元気ですか?
僕は暇過ぎて死にそうです。
誰か仕事ください(爆笑
 
 
以前VirtualBOXにWindows系いれたんですが、
セキュリティは最低限あれば良いやってことでフリーツールでまかなってます。
その辺の情報も公開しておこうかな、と。
あくまでVirtual、外部公開なんてしない前提なので特に設定云々は考えずにデフォで。
 
入れたツールはこの辺。
Avira AntiVir Personal
COMODO Internet Security
 
ぶちゃーけCOMODOはFirewallが使えればいいので、こっちでも良いです。
Comodo Firewall
 
では、快適なVirtualLifeを。
 
 
 
ブログやってたこと自体忘れてたなんて言えない、ゴニョゴニョ。

2010/5/10 月曜日

【NAS】NTFSのHDDも使いたい

カテゴリー: NAS — hirotake takaoka @ 1:07:30

素直にmountでntfsで良いかと思ったらそうでもないみたい。
参考にしたのはこのサイト、感謝。
http://ulc.jp/wp/archives/35
http://antas.jp/blog/ina/archives/2008/10/centos_ntfs_hdd_mount.html

早速必要なものをインストールして確認。

■fuseと関連モジュール
# yum –enablerepo=rpmforge install fuse fuse-ntfs-3g dkms dkms-fuse

■カーネルモジュールの確認
コレでエラーでなければOK。
# modprobe fuse

USB HDDがどこに認識されてるかは /var/log/messages で確認して、
マウントするディレクトリを作っておく。
そしたらさっそくマウント。
# mount -t ntfs-3g /dev/sdb1 /mnt/localusb -o force
今回は認識でエラー吐いてたので、forceオプション使いました。
だってコピーしたらはずしちゃうしw
 
 
通常運用される方はfstabに記述追加して、起動時に接続するようにしておくといいですよ。

2010/5/8 土曜日

【ツール】TeraTermProで自動ログイン

カテゴリー: ツール — hirotake takaoka @ 3:25:52

ふむ、よく寝た気がする。

で、すっかり忘れていたがTeraTermでサーバに接続する際、毎回IDやパスを入力するのが面倒なので自動ログインできるショートカットを作成。
普通にショートカットを作成してプロパティから[リンク先]ってトコを下記をベースに変更すればOk。
※TeraTermの位置は僕のPCの場合です。

■鍵認証をしている場合。
“D:\Program Files (x86)\teraterm\ttermpro.exe” サーバIP:ポート /ssh2 /KR=UTF8 /KT=UTF8 /auth=publickey /user=ユーザー名 /passwd=パスワード /keyfile=”D:\Program Files (x86)\teraterm\id_dsa”

■IDとパスワードだけで接続出来る場合。
“D:\Program Files (x86)\teraterm\ttermpro.exe” サーバIP:ポート /ssh2 /KR=UTF8 /KT=UTF8 /auth=password /user=ユーザー名 /passwd=パスワード

こんな感じ。
引数は色々とありますので、下記URLのリンク先を参考にしながら設定したい条件に合わせて書き換えてみてください。
http://ttssh2.sourceforge.jp/manual/ja/commandline/ttssh.html

2010/5/7 金曜日

【NAS】CentOS4.8にTeraStationをマウント

カテゴリー: NAS — hirotake takaoka @ 21:33:05

先日HDDを換装して4TB(RAID5なので実質2.7TB)になったTerastation。
今度はコレをLinuxにマウントして…、と思っていたら全然上手く行かない(苦笑
仕方ないのでsamba関係を一式綺麗にし直したら素直につながりました。
コマンドは例によってsamba関係全部ってヤツですね。
yum install -y samba*

んで、マウント用ディレクトリを作成してTeraStationをマウント。
mount -t cifs -o username=ユーザー名,password=パスワード,codepage=cp932,iocharaset=utf8 //TeraStationのIP/共有フォルダ名 /mnt/nas

コレでWindowsから見てもSSHで見ても文字化けせずに扱えるようになりました。
やっと自宅と外部から接続出来ます。
無論、鍵認証にしないとダメですよ?(笑
 
 
 
 
 
もう無理、頭痛いので寝ます。
 
 
追記
頭痛くて忘れてたが、/etc/fstabにも書くのを忘れないであげてください。
うちの環境だこんな感じ。
//TeraStationのIP/共有フォルダ名 /mnt/nas smbfs rw,username=ユーザー名,password=パスワード,codepage=cp932,iocharaset=utf8 0 0
 
 
 
更に追記
fstabの記述間違えた。
smbfsじゃなくてcifsでした、ホントダメだ寝よう。
//TeraStationのIP/共有フォルダ名 /mnt/nas cifs rw,username=ユーザー名,password=パスワード,codepage=cp932,iocharaset=utf8 0 0

2010/5/6 木曜日

【NAS】ストレージ換装

カテゴリー: NAS — hirotake takaoka @ 12:28:32

TS-H1.0TGL/R5(全容量1TB)
HD-QSU2/R5(全容量1.5TB)

現在RAID5で運用中のNASの片方(TS-H1.0TGL)からワーニングが出たので、
HDD換装ついでに容量を増やしてみようと画策。
純正品だと値段が高いので、バルクの内蔵HDDで検討。
NASとHDDの電源容量調べたりして選出したのはこのHDD。
>>HDS721010CLA332 (1TB SATA300 7200)
音がうるさいってことだったんですが、僕のところの4台はそうでもない。
改善されているのか、僕の感覚おかしいのかw

あとは実際入れ替えてみて、相性問題でなければ万事OK。
で、このサイトを参考にしながらやってみました。
http://do-gugan.com/~furuta/archives/2009/01/terastation_hdd.html
※全HDD交換は1回でやろうとしない方が良いみたい。

結果的に相性問題も無く、正常に認識してくれました。
TS-H1.0TGL/R5
全容量1TB、SATA250GBx4。
↓↓↓
全容量4TB、SATA1TBx4。

RAID5だから実際には3TB位しか使えないんですけど、十分。
あとはコレをlinuxにマウントすれば、サーバとして運用して行けそうです。
そんな誰得メモ書きw
 
 
 
 
実は今回一番大変だったのは諸々の調査ではなく、データのバックアップでした。
RAID5で1台だけ換装ならバックアップしなくてもいいんだけど、
700GBのデータを別のHDDに選別コピーするだけで1週間費やしました(汗
その間、PCとNASはずーっと走りっぱなし。
もうね、洒落にならんわ。
当分全部換装はしたくないです(苦笑

2010/1/4 月曜日

【日常】あけましておめでとうございます。

カテゴリー: 仕事 — hirotake takaoka @ 13:34:43

今年もよろしくお願いいたします。

昨年お世話になった方も、そうでない方も
なにかありましたらいつでもご相談ください。

2009/11/24 火曜日

【Windows7】VirtualBox@CentOS5.4インスト【64bit】

カテゴリー: CentOS, VirtualBox — hirotake takaoka @ 20:48:03

やることが多すぎるので要点メモだけ。
 
 
 
■CentOS5.4インスト設定
linux2.6でメモリ512とHDD10GBを用意。
このサイトを参考にしてインストールしよう。
ただし、これはVirtualBoxにゲストOSとして入れる物なので、全てこのままとは行かない。
 
 
■CentOS5.4インスト
DHCP(IPv6は無効)でインスコしたら、いったんVirtualBoxに戻って設定変更。
・ネット
ホストOSとの通信と外部ネットワークとの通信を両立させるために、
アダプタ2が必要になります。
 
アダプタ1はそのまま使います。
アダプタ2をホストオンリーアダプタで追加、固定IPにする情報はこんな感じ。
# Advanced Micro Devices [AMD] 79c970 [PCnet32 LANCE]
DEVICE=eth1
BOOTPROTO=static
ONBOOT=yes
HWADDR=08:00:27:c8:63:95
IPADDR=192.168.56.102
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=192.168.56.0
BROADCAST=192.168.56.255
 
 
■いろいろ追加
基本的にroot権限での作業になります。
 
・yumする。
# yum -y install yum-fastestmirror
# yum -y update
# yum -y install gcc make kernel kernel-devel gcc-c++ zlib-devel httpd-devel zlib-devel
GCCなどが後々必要になるので入れておきます。
念のため再起動。
 
 
・Guest Additionsのインスコ
[ デバイス ]->[ Guest Additions のインストール ]
# mkdir /mnt/cdrom
# mount -r /dev/cdrom /mnt/cdrom
# sh ./VBoxLinuxAdditions-x86.run all
念のため再起動。
 
 
・共有フォルダ作成。
[デバイス]->[共有フォルダ]
右側の追加アイコンから場所などを指定して、永続化にチェックを入れる。
# mkdir /root/share
# mount -t vboxsf share /root/share
 
起動時に自動マウントしてほしいので追記する。
# vi /etc/rc.local
# mount -t vboxsf share /root/share
 
 
■サーバ構築
このサイトを参考に。
192.168.1.系は192.168.56.と読み替える。
いくつか進めた後で気になったところをメモします。
 
【phpMyAdmin使いたい】
・phpMyadminが動かないのでPHP5.2.6のインストール
RPM-GPG-KEY取得
# rpm –import http://www.jasonlitka.com/media/RPM-GPG-KEY-jlitka
 
・リポジトリ参照設定ファイル作成
# vi /etc/yum.repos.d/utterramblings.repo
[utterramblings]
name=Jason’s Utter Ramblings Repo
baseurl=http://www.jasonlitka.com/media/EL$releasever/$basearch/
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=http://www.jasonlitka.com/media/RPM-GPG-KEY-jlitka
priority=0
 
・PHPをアップデート
# yum -y update php
 
・追加したリポジトリを参照しないように設定
# vi /etc/yum.repos.d/utterramblings.repo
enabled=0
 
# /etc/rc.d/init.d/httpd restart
 
・php-mcryptのインストール
# vi /etc/yum.repos.d/utterramblings.repo
enabled=1 ← 0から1に変更
 
# yum install php-mcrypt
# vi /etc/yum.repos.d/utterramblings.repo
enabled=0 ← また0に戻す
 
# /etc/rc.d/init.d/httpd restart
 
 
【Webmin使いたい】
Webminに必要な、Perlのパッケージをインストール。
# yum -y install perl-Net-SSLeay
# yum -y –enablerepo=rpmforge install perl-Authen-PAM
 
Webminの公式サイトにアクセスし、必要なファイルを取得する。
# rpm –import http://www.webmin.com/jcameron-key.asc
# wget http://nchc.dl.sourceforge.net/sourceforge/webadmin/webmin-1.410-1.noarch.rpm
# rpm -Uvh webmin-1.410-1.noarch.rpm
 
・Webminの設定
# vi /etc/webmin/miniserv.conf
allow=127.0.0.1 192.168.56.0/24
 
# service webmin restart
 
 
【postfixやpostgrey等は自動アップデートしないでほしい。】
# sed -i ‘/postfix/d’ /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list
# rpm -q postfix >> /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list
 
# sed -i ‘/postgrey/d’ /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list
# rpm -q postgrey >> /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list
 
# sed -i ‘/courier-authlib/d’ /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list
# rpm -q courier-authlib>> /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list
# sed -i ‘/courier-authlib-devel/d’ /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list
# rpm -q courier-authlib-devel>> /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list
 
# sed -i ‘/dovecot/d’ /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list
# rpm -q dovecot>> /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list
 
# sed -i ‘/maildrop/d’ /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list
# rpm -q maildrop>> /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list
 
# sed -i ‘/maildrop-man/d’ /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list
# rpm -q maildrop-man>> /etc/yum/pluginconf.d/versionlock.list
 
 

2009/11/20 金曜日

【Windows7】VirtualBox@vistaインスト【64bit】

カテゴリー: VirtualBox, Windows Vista — hirotake takaoka @ 16:42:00

前回の記事参照で問題ない感じなんで、簡単に。
 
Vista環境はこの位で作っておけばいいと思います。
・メモリ 512MB
・HDD 20GB
あとは必要に合わせてanti VirusとかFWとか入れてください。
 
推奨環境とかいまいちよくわからん。
結局パッチやら何やらで容量食われるからなぁ。
 
 
 

次ページへ »

HTML convert time: 0.246 sec. Powered by WordPress ME